« 「真相! 過去の無い男、明智光秀」 | トップページ | 目撃者たち! 彼らは何を見、何を見れなかったのか? »

矛盾する事件、本能寺の変、、、

■「織田信長、最大の真実」
安土城の名前は何処から来たのか歴史の謎である。作家井沢元彦氏は「安国楽土」とし、また「安生養土」極楽とする研究家もいる。だがもうひとつの回答がある。「築土神社。つくど。新皇平将門の首を祀った神社」、武将太田道灌が場所を移して以来、「田安明神」ともいう。「築土」と「田安」、、、そして「安土」■

■本能寺の変は何時から始まるのだろうか? 
それによって事件の全てが大きな変貌を見せる。何時から? ある人は秀吉が中国から援軍要請した時点といい、ある説は光秀が安土城で不手際をし、信長に叱責され、家康の接待を解任された時点を指摘、また前年の天正九年二月京都大馬揃えにおいて、、、或いは変の前日、信長が本能寺に無防備に宿泊しているのを知って思いついたとする人もいる。上の「安土」の名の由来もひとつの回答に過ぎない。いずれにせよ、それは光秀の心の中に聞くしかない。
一般的なのは天正十年五月二十八日、京都近郊愛宕山での連歌会で、初句に「ときは今、あめが下知る五月かな」と光秀が詠んだ句を、土岐氏が今、天下を統治するときが来たのだと解釈し、この時点で、天下への野望が芽生えたのだとする。
しかし、野望にせよ、怨恨にせよ、あまりにもこの事件が矛盾に満ち満ちているのをご存知だろうか?まず事件の概要を述べよう。
天正十年五月十四日、家康が駿河を貰った御礼のために穴山梅雪とともに安土城を訪れ、信長自らの接待を受けた。そのあたりに中国高松城包囲の羽柴秀吉から援軍要請の使者が来る。秀吉は単独で毛利に勝てたが、あまりに大功を立てると信長の嫉妬を生むので、最後の勝利を譲るためとされている。信長は近畿の諸将に動員をかけ、自ら出陣を宣言、光秀も軍動員のため十七日、家康接待の任を解かれ、安土より京都大津の坂本城に戻った。
なお二十一日に徳川家康は織田信忠とともに上洛している。

光秀は五月二十六日、丹波亀山城に移る。なお二十七日、光秀は京都近郊愛宕山に参詣、一泊し、翌日二十八日、西坊において連歌会を開いた。このとき有名な「ときは今、あめが下知る五月かな」を読む。この句は天下とりへの大望の意なのか? しかし、大事前にそんな句を読むはずがないとする説もある。これらの句を神前に納め、光秀は亀山に帰った。
二十九日、家康は梅雪とともに堺を観光する。
織田信長は二十九日、安土を立ち、小姓二、三十人を引きつれ、京都に入った。他にも従者がおり、総勢は百人前後ではなかったかとされる。このとき神官吉田兼見、貴族勧修寺晴豊が出迎えのために出たが、出迎え無用との使者を受け、引き返した。
翌日六月一日、正親町天皇、誠仁親王の勅使勧修寺晴豊、甘露寺経元を始め、内裏を空にするほどの高位の公家、関白、前関白など四十人ほどが訪れ、僧侶、商人も同席し、茶、菓子が出、信長と数時間の歓談があったという。その後、信長は囲碁の名手の勝負を観戦し、寝入った。

光秀は六月一日、重臣を集め、謀叛を打ち明けた。完全武装の兵士らには京都まで信長の閲兵を受けに行くと説明したという。一万三千の軍は亀山城を夕刻に出陣、夜間行軍し、京都近郊老の坂で休息した。しかるのち、桂川を渡河、鉄砲の火縄の用意をし、本能寺に向かって前進させた。本能寺はいかなる理由か全くこの奇襲、包囲に気づかなかった。かって越前朝倉氏攻撃時、浅井軍に後方遮断されたことを気づくや、報復を誓い、単身馬一匹に飛び乗り、死地から逃げたほど行動力のある信長だったが、逃げ道は見つけられなかった。本能寺で「是非に及ばず」と言い、暫くの交戦の後、火炎の中で自刃したとされる。いかなる理由か死体は発見されなかった。

このあと、嫡子信忠も死んだ。信忠は二千の馬廻りを率いて、側の妙覚寺にいたが、本能寺の重包囲を見、救出をあきらめ、かき集めた五百人ほどで誠仁親王の座所二条御所に入った。何ゆえ大軍を前に少数で篭城などという無謀をしたのかよく解らない。光秀の軍は妙覚寺を焼き討ち、二条御所を包囲した。この後、交渉が行われ、誠仁親王と家族が退避する。その後、戦闘が再開、信忠の軍は頑強に抵抗するが、となりの前関白近衛前久の屋根に上った鉄砲隊からの銃撃により、犠牲が続出。ついに信忠も館に火をかけて切腹した。本能寺の戦闘は午前六時頃、二条城の戦闘は午前八時ころから一時間とされる。このあと明智軍は落ち武者狩りを行ったが、京都の治安はかなり早く回復した。光秀はすぐに近江攻撃の兵を向かわせたが、瀬田橋が焼き落とされたために、修理を命じ、自身は坂本城に戻った。
六月五日、光秀は信長の安土城に入った。
六月七日、吉田兼見が勅使として安土城に来、戦勝を祝す。
九日、光秀は再び主力と共に上京し、公家や町衆の出迎えを受けた。光秀は吉田兼見邸で何事かを話、朝廷、京都五山、大徳寺、兼見にも銀を献金する。下鳥羽に出陣。
十日、洞ヶ峠で筒井順慶の援軍を待つが無視された。
十一日、再び下鳥羽に布陣。

十三日、有名な山崎天王山で、中国から引き返してきた羽柴秀吉と織田信孝の大軍と戦い、敗北。勝龍寺城に引くが、夜間に脱出、山科小栗栖で土民に討たれた。首は家臣が隠したが、発見され、十五日に胴と共に本能寺に晒されたという。
十五日、安土城が謎の炎上で消失している。

よく知られた事件の概要。
しかし、この前半の精緻さと、後半の何も無さ、工夫のなさはどういうことだろうか? 光秀には謀叛後の計画は何もなかったのか? 織田家一の知識人といわれながら、味方のあてもなしに信長を殺したのか? しかし信長と信忠、その周囲への攻撃の仕方は見事ではないか? だった数時間で織田の中枢を消し去り、その本城安土は無血開城し、財宝を手に入れている。また美濃では安東守就なる将が挙兵し、稲葉一鉄と戦っている。さらに大阪の織田信孝四国渡海軍二万五千は変を聞き、パニックを起こして四散、七千ほになり、戦闘力を消失した。
あまりに前半は都合のいい展開、しかし後半は全く味方も、隆盛もなかった。この事件の持つ奇妙な矛盾は何なのか?これらがただの思いつき説、怨恨や、ノイローゼ説を生んだ。しかし、「真実」は、そこに矛盾は何も無いことを示している。

実は、明智光秀は、山崎天王山の決戦で勝てるはずだったのだから、、、。

|

« 「真相! 過去の無い男、明智光秀」 | トップページ | 目撃者たち! 彼らは何を見、何を見れなかったのか? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304751/6195595

この記事へのトラックバック一覧です: 矛盾する事件、本能寺の変、、、:

» 京都をもっと探索しよう! [京都の情報]
京都(きょうと)は、日本の歴史的都市です。794年に日本の首都になってから幾度もの戦乱を乗り越え、数多くの独特の風情を残す街となっています。 [続きを読む]

受信: 2007年4月24日 (火) 15時22分

» 五月人形 [秘密神社]
五月人形の鎧兜には、実際に、子供が着れものが有るんですよね。 「幼児武将」ですか。 [続きを読む]

受信: 2007年4月25日 (水) 11時44分

» 人だった [ホームページ]
「同性愛」は は特にタイのイスラ 海兵隊 [続きを読む]

受信: 2007年4月26日 (木) 13時41分

» 今日の朝刊 [リボンは取り外し可能です]
ワールド 海兵隊 月以降 [続きを読む]

受信: 2007年5月 7日 (月) 09時50分

» サンタが街にやってきた [ブラック]
とも述べた ブラック 新しい出会い♪ と述... [続きを読む]

受信: 2007年5月16日 (水) 12時57分

« 「真相! 過去の無い男、明智光秀」 | トップページ | 目撃者たち! 彼らは何を見、何を見れなかったのか? »