« 本能寺の変、安土城は何のために建てられたのか? | トップページ | 本能寺の変、織田信長は大和朝廷をどうするつもりだったのか? »

本能寺の変、安土、天主閣とは何だつたのか?

■安土城天主とは何か?■

何故、織田信長は近江安土なる地に巨大で壮麗な塔を建設したのか? よく言われる謎である。信長の意志がその建築の全てに入っているとすれば、これほど精神構造、思想を表すものはないであろう。天道思想、あるいは何かの宗教的意味、例えば信長がこれから造ろうとしていた新宗教のシンボルとなるものだった、不死を求めた信長の霊的装置、など色々と言われているが、私は織田信長が戦国を統一した如く、あらゆる宗教をここに統一、もしくは習合させ、自分の政治に利しようとしたものではないかとも推理している。

安土城天主閣は、ある神のシンボルだったと見るのが正解ではないかと思われるのだ。まず、そこがもともと薬師如来関係の霊地であり、側の桑実寺の本尊もそうであることは前に述べた。信長の氏神牛頭天王は薬師如来の化形身であるが、山はその形から牛に良く例えられる。牛頭天王は須佐之男尊と同神とする見方があるが、別名は「武塔天神」である。

そこに蛇石などの多くの巨岩を運び込んでいるが、巨石に霊的なものが潜むと信じられていることは知られている。特に須佐之男尊など、出雲の神は石神であるとされる。確かに、牛の角などは石に擬せられることも多いだろう。そして須佐之男尊のかかわる神器、アメノムラクモノツルギ、草薙の剣伝説も、剣が鉱石から作られることを思うと頷けるものがある。

天主内部は地下一階、上六階、これが当時の限界なのか、それとも意図した階層なのかは解らないが、五階が法隆寺夢殿のごとく正八角形にして朱塗り、絵は天竺の仏教的素材、六階が正方形の平面、外部金箔、絵は中国の儒教的というのは何かあるのではと思われる。
となると他の階層にも描かれた絵、一階の墨梅、二階の花鳥、瓢箪から馬、麝香鹿、西王母、三階の岩・竹・松、竜虎、桐に鳳凰、中国の聖人許由、巣父、鷹、とまりの木も何か宗教的な意図があるようにも思えるのだ。

そして、近年の研究で言われ出した、西洋の教会の如く地下から三階まであったとされる吹き抜け、その底に置かれていたという仏舎利を納めた宝塔、能舞台、、。能と言えば、非常に霊的、宗教的な感じのする芸術である。

これらを「信長公記」の著者太田牛一のよく使う「天道照覧」「時刻到来」にかけ、天道思想の表れではないかという人がいる。だが、それだけなのか? むしろ天下統一をモットーにした信長はもっと単純にして、合理的な物を作ろうとしたのではないのか?

実は、その思想の片鱗とも思える逸話がある。信長は一五八一年、天正九年七月十五日、盂蘭盆会の夜、安土天主閣と総見寺にのみ様々な提灯を吊るさせた。その光の塔から出た信長が城から一キロほどの安土セミナリヨ、キリスト教教会堂までずらりと続く松明の光の中を歩き、宣教師ヴァリニャーニらの出迎えを受けたという行事である。

いったい、これは何なのか?どう見ても、西洋の神と日本の神を統合しようとしていたとしか思えない。相手はイエス・キリストであろう、
それは天主教[キリスト教]と朝鮮などで言われていた言葉を思うと納得できる。だが、日本の誰と? と考えると、どうもあの高徳、学問で知られる天神様、菅原道真公ではないかと思われる。

この二人、似ていると言えば言えるのである。まず、どちらも非業の最期を権力によって遂げた殉教者のような存在である。
どちらも死後蘇った、とされる。そして、人から神になった。
キリストの生誕日は、十二月二十五日、クリスマスであるが、菅原道真公の生誕は六月二十五日、死んだ日は二月二十五日である。そのことから二十五日はどの月も天神祭とされる故に、十二月二十五日と重なるのである。

日本において、本地垂迹説というものがある。日本の神は仏教の神が形を変えて現れたというものである。その視点で見ると、信長が自らを神であると豪語した総見寺の本尊は十一面観音なのである。これは菅原道真公の本地物、本体とされる神なのだ。

さらに、安土天主の下には内裏の清涼殿に似た建物があり、空中階段で繋がれているが、菅原道真公には延長八年六月二十六日内裏清涼殿に落雷したとの伝説がある。このとき、高位貴族数人が死傷し、生きている空中の道真公を見たとの伝説が生まれた。

そして、牛天神、道真公が丑年に生まれ、牛を可愛がったとの伝説から天満宮はそう呼ばれることがある。菅原道真公も牛頭天王[スサノオノミコト]も出雲出身の神であり、巨岩伝説と繋がる。

また織田信長戒名なのだが、死後、寛政重修諸家譜などの記録では、まず「天徳院」となっている。有名な長興寺の肖像画も裏には「天徳院」とある。そのあと「総見院泰巌安公」と変えられるが、
「天徳」なる元号は朝廷にあるのだ。調べてもらいたい。

天徳は、三年で終わっている。このとき、天災、旱魃、内裏でも色々な災いがあり、「天徳は、火雷天神の号にして忌むべし」とされ、改元された。火雷天神とは菅原道真公、あるいはその眷属をさすという。

あの平安期の天慶承平の大乱で新皇を宣言した平将門も「火雷天神」の旗を使った。なぜなら、その位は巫女に取り付いた菅原道真公の仲介により八幡神より位を貰った、別説は八幡神と菅原道真公の連署により天皇位を貰った、との神託によるものだったからである。

「安土」なる名がその平将門の首を祀ったとされる「築土神社」、別名「田安明神」から来た可能性もあることは述べた。平将門は菅原道真公の分霊との伝説もあった。

もっとも、誤解されないように言っておくが、菅原道真公が祟り神のはずもない。道真公は、藤原氏との政変に破れ、九州大宰府に流された後も天皇家、朝廷と国の平安、安泰を天拝山などで祈られて亡くなられたからである。高徳で、清廉潔白な人格、行動は知られ、後に北野や大宰府で学問、芸術の神様として祭られている。祟り神などにされて、怒られているだろう。
が、つまりは、その不遇の死に憤った人々によって、暫くの間、そうなった、朝廷にひどく祟った事になったということである。

問題なのは、大和朝廷と対立したとき、その世に人気ある天神様を利用しようとする人々も居ることだろう。信長は、そのタブーをやろうとした可能性があると疑われたのではないだろうか?故意なのか、それとも知らずに触れたのか、それは解らない。

だが朝廷と対立しているとき、天神様とキリスト教を習合させようという様な動きをしたり、十一面観音を本尊とする「総見寺」で生き神となり、「わし自身が生きたる神、および仏だ」と言えば、疑われるに決まっていた。

天主においても、内部に描かれた釈迦、孔子、老子、三皇五帝、仙人たちなどは、多くが人間から神になった「救世主」であり、天神様に通じるところがある。
菅原道真公、天神様には別名「唐渡天神」との別名があるのである。

いまひとつ、信長の正式な戒名は「総見院泰巌安公」であるが「修羅が帝釈[大石]を動かす」との言葉があるのだ。修羅とは巨大石を滑らせる道具のことであるが、大石[たいしゃく]が帝釈天[たいしゃくてん]、[過去にはインドで天帝とされた神、その地位は時代と共に下がった]、の読みに掛けられていることは無視できないだろう。
なぜなら、「菅原道真公はその慈悲の心は十一面観音を初めとする観音の如く、その破壊力は帝釈天のごとく」と勧誘に説かれるのが中世においては普通だったからである。大石と泰巌。

「安土」、奇妙な一致もある、、、「安」の字は「ウ」+「女」でウメ、梅は天神様の象徴である、土は「十一」と読めないこともない。ところで、イエズス会の字は「IHS」と書くが、「H」の横棒「-」の上に「+」が乗っているのである。「土」の字の如く。不思議な一致、と信長が思っても不思議はない。

「だいうす」、漢字では「大臼」「大宇須とも書く」地に教会を建てる。「石神」を意識していても不思議ではない、、、。京都にもダイウス町をつくり、宣教師の協会を建てた、、。

これら幾つもの事項から、私は「安土城天主閣」を西洋のキリスト教神と日本の神を統合しようとした巨大なシンボルだったのではないか?と考える。それは壮大で、まさに信長好みの考えだった、と思われる。

だが、それは決して朝廷や、仏教徒、神道徒の人々には受け入れられることではなかっただろう。なぜなら、織田信長の考えは、それまでの日本の旧文化、文化的創造物の全てに係わる問題にもなるのだから。
[そして、崇拝する天神様を南蛮の神と一緒にすることに、怒った人々もいたに違いない]

「西洋の神と日本の神を一緒に?、それから神、あるいは救世主になって、その先、いったい何をなされるのか?」 そう思ったとき、明智光秀、柴田勝家のこころに理解できない風が吹いただろうことは否定できない、と思う。
それは、また、自らを「第六天魔王信長」と豪語した男の過去への思いにも繋がったに違いない。

第六天魔王、すなわち仏教への挑戦者、破壊の神、、、ではないか、、、と、、、。

|

« 本能寺の変、安土城は何のために建てられたのか? | トップページ | 本能寺の変、織田信長は大和朝廷をどうするつもりだったのか? »